2018年7月21日土曜日

富山グルメ。予約がとりにくいこだわりの人気店「鮨人(すしじん)へ。


富山旅行を企画してくれたSちゃんが、最優先したのが
「鮨人(すしじん)」の予約。
ここが予約できなかったら、旅先変更になったそうです。
富山中心部から車で10分ぐらいの場所、ほかに
目立つ建物やお店はありません。
みんなタクシーか車で来店。


おすしやさんのこだわりは、
もちろん、どの名店も甲乙はつけられないほどあると思いますが、
「鮨人」のご主人は、ほんとうにすごい。
一生を「鮨」にかけていて悔いなし!という感じでした。
というと、怖そうで偉そうですが、
そんなことはありません。
ネタを保存する冷蔵庫も特注。おいしさを保つ理論を実践。

地元のお客様も多く、
昼2回転、夜2回転だそうですが、
いずれも満席になるのは、「鮨」はもちろん、
お人柄もあるのでしょう。
どのお寿司もおいしい、のは当たり前。
皆様も富山に行く機会があったときは
ぜひ、ご予約にチャレンジしてくださいませ。
では、スタート。ワインも鮨に合う種類をご主人がセレクトしてあります。

ばい貝
器も素敵です。
白えび(左)と甘えび)
シャリは赤酢の赤シャリ。
塩と酢だけで、砂糖はいれない。

いくらとずわいガニのちらしずし。
ここで御碗は茶碗蒸し。
富山の湧き水と梅干しだけをかけた茶碗蒸し


混ぜていただきます。
梅の味でさっぱり。

アジ

タイの昆布締め
アオリイカ
サクラマス

ふぐの白子の昆布締め焼き
オイボの葛焼き
築地から最上級のマグロ
手前はクエ、奥はノドグロのメスのしゃぶしゃぶ

マイワシ

御椀
ノドグロの骨と血と水で煮込んだ吸物
カニとノドグロ(オス)の串焼き
手巻きアナきゅう。

デザートを目の前で仕上げるご主人
もち米でできたもなかの皮に
塩アイスを入れて。

冷たい抹茶で終了。
満腹です。また訪れてみたいです!!!
鮨人(すしじん)
富山市新根塚町3-5-7
電話076-422-0918

お腹がいっぱいすぎたので、ホテルでウイスキーのロックを飲んでから、寝ました~。

2018年7月13日金曜日

富山グルメ「白えび亭」


「富山にお寿司を食べに行きましょう!」と
京都のSちゃんに誘われて、
富山駅集合で1泊2日の小旅行に出かけました♪

富山というと、
日本全国お取り寄せ手帖WEBで紹介した
富山のアンテナショップ「日本橋とやま館」を取材したことがあるのと、
数十年前、大学の友人の結婚式で往復したことがあるくらいで、
ほとんど初富山でした。
北陸新幹線のおかげで、東京駅から2時間ちょっと。
金沢の1つ前。身近になりました~。
富山が近づくと車窓には日本海が~!!!

駅に着いたら、まずランチ。
駅ビル内「きときと市場」の「とやマルシェ」内で
行列ができている「白えび亭」へ。
富山といえば、白えび
旬が4月~11月。特に6月、7月の漁獲量がピーク。
白えびづくしの旅といってもいいかもしれません(笑)


まずは、白エビの天ぷらと素揚げにビール。


手前が素揚げ、塩をつけていただきます。
奥の天ぷらは、衣に味がついているので、そのまま。

白えびの刺身丼は、二人でシェア。
白えび90匹分!殻をむくのが大変~。
とろとろで甘みがあり、おいしい!」
ホタルイカの沖漬けがお供で付きました。

スタートランチとしては上々の気分です!
おまけにくれた「白えびせんべい」がおいしくて、
天ぷらの持ち帰りとともに、翌日おみやげに買いました。

白えび亭
富山市明輪町1番220号 JR富山駅1F
きときと市場「とやマルシェ」内
電話076-433-0355
http://shiroebiya.co.jp/
HPを見たら、東京駅にも支店が!!!
行かなくちゃ。

2018年7月5日木曜日

日本橋のアンテナショップ「ここ滋賀」のレストラン「日本橋・滋の味」でランチ



日本橋にある滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」
1階はショップ、2階はレストラン「日本橋・滋の味になっています。

滋賀県というと、近江の国。琵琶湖の周りを囲んでいる土地柄です。
以前ご紹介したロテルド比叡は、住所こそ京都市ですが、
比叡山・延暦寺の続き地で、琵琶湖を見下ろすロケーション、
近江の食文化を大事にしていました。
そんなご縁で訪れた「ここ滋賀」。

あゆの一夜干しや名物の赤こんにゃく、ゆば、でっちようかん、堅ボーロなどの
商品に注目してご紹介しているのは
日本全国お取り寄せ手帖WEBをご覧ください!
おしゃべりな食卓⇒
https://www.otoriyosetecho.jp/column/sakaguchiakiko/


さて、ここでは2階のレストラン「日本橋・滋の味のランチをご紹介します!
店内はおしゃれなとてもいい雰囲気です。

ランチメニューのなかから、近江一汁三菜定食をセレクト。



ごはんは近江米。
お味噌汁は、新玉ねぎとウリ。
三菜は、鶏のから揚げ、近江牛のコロッケ、




赤こんにゃくのオムレツ

小皿に新じゃがの揚げ煮がついていました。

白飯も滋賀県産、おいしいお米でした。
お味噌汁はだしがきいていて、アツアツ。
コロッケもから揚げも揚げたてで、サクサク!
ファミリーレストランでもでてくるような
普通っぽいおかずが、こんなにおいしければ、
大満足です!

日本橋のごはんとしては、いいね!でチェックしておきたいお店です。

白飯がおいしかったので、
1階にカウンターで販売していた
おむすびも、きっといけるはず!
次回は買ってみよう、と思いました~。

日本橋・滋の味
東京都中央区日本橋2-7-1
TEL:03-6281-9872
https://cocoshiga.jp/restaurant/

2018年6月26日火曜日

鎌倉で味わう究極の朝ごはん「朝食 喜心 鎌倉」


梅雨も終盤になってきましたが、
まだまだ紫陽花の名所として人気の鎌倉は、
大混雑!
江ノ電と紫陽花が撮れるスポットに人があふれていました。

御霊神社前の踏切。


江ノ電が1回では乗車できないほどです。



そんな鎌倉に、京都の名店「草喰なかひがし」
鎌倉の「うつわや祥見」がコラボしてできた
朝食とおやつのお店「朝食 喜心(きしん)」を訪ねました。


以前はうなぎやさんだったという和の佇まい。
鎌倉駅から徒歩10分ぐらいでしょうか。
佐助という地名のエリアです。

女性スタッフが多く、キビキビと動いています。

カウンターとテーブルがあり、
凛としながらも優しい雰囲気。
紫陽花の飾り方も絶妙です。

ご飯の味を徹底的に楽しむ工夫がされたメニューです。

黒豆茶でのどを潤していると、
黒豆が1粒入ってる黒豆茶。香ばしく、やさしい味です。


まず、ご飯茶碗を選びます。

どれも素敵で迷います!


そして、向付け。お出しで炊いて、冷たく冷やしたトマト。もちろん地元産。
鎌倉のトマトはおいしい!

上に紫玉ねぎと実山椒。
この2つがやわらかく優しい甘みのトマトの
アクセントになっています。


来店したタイミングで火を入れることで味わう
炊き立ての煮えばな(蒸らしていない、炊き立て)を一口。

炊き立てを見せてくれます。
土鍋はご飯炊き専用。

混ぜる前の表面真ん中をすくって横一文字に盛ります。

本格的なお茶の懐石もここから始まります。
お米の芯が残っていて、水分が粒にまとわりついている
アルデンテ状態。


そのあとは、お漬物と
少し蒸らしたてのごはん。

漬け物は自家製。かぶのべったら漬け、
きゅうりとみょうがの浅漬け、大根の浅漬け
少しずつご飯。その時の状態を楽しみます。
煮え花より、水分がしみ込み、ふっくら。

汁物(3種類の中から選びます)。
今日は、けんちん汁、鶏肉の味噌汁、タコとトマトのお味噌汁。

「けんちん」は鎌倉が発祥の地。具だくさんで美味。
青紅葉の生麩は京都「麩嘉」だそうです。

トマトとタコ、ハマグリのお味噌汁。オリーブオイルも入って、
イタリアン。またいただきたいお味でした!!
鶏と玉ねぎ、大根のお味噌汁。野菜だしでコクはあるけどさっぱり。

ごはんもだんだんふっくら。


焼き物(今日は鰆の西京漬け 杉板包み焼き)

杉の香りがほんのり。オレンジの絞り汁でやわらかな酸味をプラス。

最後にオプションで
こだわりの黄味だけの卵がけご飯!

全卵、温泉卵、黄身だけから選べます。私は黄身だけ。
この卵黄のおいしさ、素晴らしい!
濃厚で、クセがなく、クリーミー。

そしてパリパリおこげ。
薄いおせんべいのおこげで締めくくります。

白飯のおいしさ、炊き立てからの変化を心ゆくまで味わいました!
要予約です!

朝食 喜心 鎌倉
電話 0467-37-8235
鎌倉市佐助 1-12-9