2018年12月11日火曜日

代官山の隠れ家的レストラン「ル・ジャポン」で日仏マリアージュの創作料理を!


代官山の西郷山公園を降りたところにある
「ル・ジャポン」

シェフはフレンチと懐石料理を修業して、、
日本をフランス語で表す店名通り、
フレンチと和をコラボした創作料理のお店です。

料理教室コースも充実しているので
料理やワインについての質問も
気軽に応えてくださいます。
料理教室は、シェフの実演をカウンターで見る形式。
あとはその料理をワインと共にいただきます。

友人が2年通っていますが、
家での再現は今だなく、舌は肥え、知識はどんどん充填しているようです(笑)。
一緒に通っている中には、帰りにその食材を購入し、
当日の夕食に再現している人もいるそうです。それはエライ!

さて、今日は尊敬する素敵な女性の古希祝いディナー。
6人で個室の会食でした。


冷前菜
鰆 サラダ 燻製 柚子
軽く燻製したサワラに柚子風味のマヨネーズふうソースと
相性抜群です。



温前菜
鮑 原人卵 椎茸 トリュフ
トリュフの香りの濃厚茶碗蒸しと
いった感じです。アツアツでとっても美味。

魚料理
カマス リゾット 黒大蒜
肉厚のカマスがこんがりローストに。
その下に栗のリゾット。手前が黒にんにくをつぶしたペースト。
一緒にいただきます。
口直しのトマトのシャーベット。


肉料理
佐賀牛 ポルチーニ 小松菜
見た目通り、
すき焼きふうの味付け。
ごはんに合いそう!


名物
冷しフォアグラ担担麺
なめらかなごまクリームスープの中に
フォアグラのソテーと麺が。
中華麺ではなくて
おそば。


本日のデザート
本日のデザートは小さな土鍋に。


クレーブビリュレに栗の渋皮煮が。

食後のお飲み物
私はフレッシュハーブティー。
それぞれエスプレッソやカプチーノを注文。

一皿、一皿、フレンチに和テイストが融合した
丁寧なお料理でした!
ワインによく合います。
今度は料理教室かランチにぜひ行ってみたいです。

Le japon (ル ジャポン)
東京都目黒区青葉台2-10-11 西郷山スペースGF
http://www.le-japon.info/
TEL 03-5728-4880

2018年12月6日木曜日

表参道、青の洞窟。きらきらイルミネーションとローストビーフ・ディナー


12月の風物詩、イルミネーション。
今年は温かい夜が続いたので、話題のイルミネーションめぐりをしてみました。

まずはJR信濃町駅から歩いて、
外苑前のいちょう並木のライトアップへ。

絵画館から246向かって歩きました。
黄色の葉がライトに映えます。
振り返ると正面が絵画館。
両側の歩道は落ち葉で一面黄色に。

紅葉の美しさは例年より劣るようですが、
夜は気になりません。

そこから歩いて表参道へ、と思ったのですが、
お腹がすきすぎて、タクってしまいました(笑)

表参道のイルミネーション


表参道キラキラです。

インプルな色合い、いいですよね。
10年前のパリのシャンゼリゼ通りを思い出します。
何がパリと違うのか‥‥。
シャンゼリゼ通りのほうが、回りが暗いかも。
表参道はお店のショーウインドウが明るいくて、
しかも道幅が狭いから、明かり同士が近くて
イルミネーションの感激が少ないかもしれません。
今年のパリは、デモの暴動でシャンゼリゼ通りが大変なことに‥‥。
残念ですね……。
一日も早く鎮静化することを祈っています。
穏やかなノエルがパリには似合います。

そして、表参道ヒルズ

ディナーは3階のローストビーフのお店へ。
牛のマーク。直球ですね!
オープンキッチンで、アメリカンなシンプルインテリア。

前菜に注文したスモークサーモンとクリームチーズのディップ。
オリーブオイルがきいていて、ビールにもワインにも合います。

定番メニューのチョップドサラダ。
具を4種類選ぶので、
これはオリーブ、ベーコン、チェダーチーズ、ホワイトアスパラ。

ローストビーフ200g!
ホースラディッス添え。
やわらかくて、とってもおいしいローストビーフです!
パンもおいしかった~!
前菜もサラダもおいしくて、大満足。
アメリカンな料理も、たまにはいいですね!

37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 3F


そしてそこから、今度は渋谷へ向かって歩きました。
話題の「青の洞窟」へ。
BOXは長蛇の列で入場はあきらめました。

人混みだらけ~。


中央にビニールシートが敷いてあり、鏡のような効果が。
ただ落ち葉が多かったり、人が多いとまったく見えませんが。
唯一の隙間で撮影。

そして渋谷駅に出て帰宅。
歩き疲れましたが、
寒くない冬の夜のお散歩で、イルミネーションを満喫できました!

2018年11月27日火曜日

新橋の「ビーフン東(あずま)」はビーフン以外の台湾料理も美味!




新橋駅前ビルという、とってもディープなショップが集まるビル、
ご存知ですか?

新橋周辺のサラリーマンがたむろっているイメージですが、
1Fにレーズンウイッチで有名な小川軒』、
B1Fにレトロな純喫茶の『パーラーキムラヤ』があり、
ほかにも隠れグルメのお店がいろいろあって、
見逃せません!

お昼には大行列の
稲庭うどんのお店「七蔵」(2F)も大好きです。
今回は同じ2Fにある「ビーフン東」をご紹介します。




まず、ランチはビーフン肉粽(パーツァン・中華風ちまき)のみ。
ビーフンは汁なしと汁ものがあって、
大きさも大・中・小があります。

女性なら、ちまきとビーフン小がおすすめ。

知らないと入りにくい感じがしますが、ぜひ、安心して行ってみてください!

そして夜のメニューも食べてみたいと思い
訪れました。
これが大正解!期待以上の洗練されたおいしさです。

ピータン豆腐カリカリ揚げワンタンのせ


しゃれた盛り付け。味も繊細。


水餃子


ワンタンのようなツルリとした食感。
スープもおいしい。


黒酢酢豚


絶品です!!!
今まで食したなかで一番!
アツアツで、叩いた肉を薄切りで巻いているのか、
回りはカリカリ中はふんわり。
また絶対に注文します。

肉粽

豚の角煮がごろごろ、椎茸、うずらの卵入りで
もち米がモッチモチ。ほどよい甘さのある味加減でクセになります。



蟹玉汁ビーフン


これがね~。おいしいんです。
ランチにもあります。ビーフンに蟹玉って新鮮。
汁なしのほうでもあります。

もちろん、普通の豚キャベツビーフンもおいしいですよ~!
下は五目汁ビーフン。
テーブルにあるにんにく醤油で
好みの味にします。



注文したものがすべておいしかったので、
まだまだ食べてみたい料理がいっぱい!
ただ残念なのは珍しくというか、さすが新橋、
禁煙ではないのです。。。

そして、予約はコースのみ。
土曜の午後と日曜はお休み。
ま、仕方がないですね。
平日、早めの夜がいいかもしれません。


ビーフン東(あずま)
東京都港区新橋 2-20-15 新橋駅前ビル1号館 2F
電話:03-3571-6078
http://www.bi-fun.jp/

2018年11月19日月曜日

渋谷でバゲットが絶品!「ブラッスリー・ヴィロン」でディナー


渋谷の東急本店前にある「VIRON(ヴィロン)」
2003年にオープンしたパリ発のパン屋さん&ビストロ。
15年も続いているので、ちょっと忘れてがちでしたが、
ここのパン、とってもおいしいのです。

2階のビストロもランチで数回、ディナーも1回伺ったような覚えがありますが、
とにかく久々に訪れました。

店内は赤が基調で、パリのクラッシックなビストロの雰囲気。


メニューは定番のものから、本日のおすすめまで
ザ・フレンチ!という感じで揃っています。
今回は女子4人だったので、前菜を4皿、メインを2皿、デザートを2皿注文。
あまりのおいしさにパンを食べすぎて、
満腹すぎるディナーとなりました。

鶏白レバーのムース

このパンが絶品!温め方も最高!
手が止まらないおいしさです。

本日のスペシャルから、
アカザエビのフライサラダ。
エビの身がやわらかく、味が濃厚!
本日のスペシャルから
牛ロースとブッラータチーズのサラダ
バジルペースト添え
エスカルゴのオーブン焼き
上品な味で残ったバターもすべてパンにつけてクリア。
パン粉、パセリ、にんにく、バターがポイント。
メインの魚料理を1つ。
ドーバーソウル(舌平目のムニエル)!
骨を取って、きれいにお店の方が盛り付けてくれました。
それを4人でわけると半身の半分。
それでこの量です。
身が締まっていてほんとうにおいしい舌平目のムニエル!!
肉のメインは豚肉のローストに。
こちらも4人で分けて、ちょうどよかった!!
デザートのマロンパフェ。
これもビッグ!!
2人でも多い感じ。栗のグラッセが洋酒漬けで
濃厚、美味。
季節のデザートでタルトタタン!
甘さは控えめで本カラメル化したりんごがいい感じでした。

カジュアルな雰囲気のなか、お値段は高級店レベルですが、
味、量、質を考えると当然のこと。
パリの味が恋しくなったり、本場のビストロフレンチの味が食べたいと思ったら
絶対にリピートしたくなるおいしさです。


ブラッスリー・ヴィロン 渋谷店 (Brasserie VIRON)
東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル 2F
電話03-5458-1776
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13004627/

2018年11月8日木曜日

山梨県グルメ。日本酒醸造元「七賢」のレストラン「臺眠(ダイミン)」



山梨県北杜市白州町、日本の道百選に名を連ねる
街並みの一角、甲州街道台ヶ原宿を訪れたときに
ランチで行ったのは、
日本酒の醸造元「七賢」直営のレストラン「臺眠(ダイミン)」。
旧家をそのままいかした風情ある「七賢」


約300年前から、白州の水に惚れ込み、お酒の醸造をはじめたという
蔵元「七賢」。地元の水、地元のお米にこだわって醸造しています。
歴史ある建物には、日本酒のおみやげコーナーもあって
ちょっとした観光名所。
その近くに直営レストラン「臺眠(ダイミン)」があります。
2階がレストラン。1階はカフェ。
木のぬくもりがあるインテリア。

ランチは、白州で育んだ米や野菜、くだものを使った、
旬の献立で、「七賢」の塩麹を使った料理も人気。
何より、注文する前にでてくる水が
醸造に使う「仕込水」!

これが軟水なのかまろやかで
ほんとうにおいしいお水です。
ランチだけど、せっかくなので
七賢の大吟醸、純米酒など、1グラスいただきました!

牛タンの塩麴漬け焼きや、天ぷらなど付いた定食。
具だくさんの汁がまたおいしい!
こちらは塩糀で漬けた豚肉焼きととろろ。

とっても楽しめた
台ケ原宿でした。
近くに天然のプールや
川のせせらびを楽しめる場所もあるようなので
また来年ぜひ再来したいと思いました!

レストラン「臺眠(ダイミン)」
山梨県北杜市白州町台ヶ原2287
電話:0551-35-5111
https://www.sake-shichiken.co.jp/