2018年6月20日水曜日

東京KITTEの「アルカナ東京」でランチ


週末の土曜日、
20年ぶりに学生時代の友だちに会うために
丸の内へ。
お店は、丸の内KITTEにある「アルカナ東京」を予約しました。

東京駅丸の内。きれいになりました!
(KITTEテラスから撮影)

少しずつ、華やかな料理が楽しめるお店で、
ランチは女性客で満席!

旬のランチコースを選択。

アミューズ・ブーシュ、
トウモロコシのムースとミルクティーのそぼろ

凍っているトウモロコシのアイスがところどころ入っている感じ。
冷たいポタージュのようです。


前菜2品は
ズッキーニ、マッシュルーム、アンチョビのキッシュ
松の実も入って、いろいろな食感。キッシュというより、
具だくさんのフラン(焼いた茶碗蒸しのような)。
アツアツでした!


ブッラータとトマト、ヴェルベンヌのゼリー

⇒こちら小さなグラスででてきて、華やぎがあり、
 口当たりもとってもよかったのですが、
 写真、撮り忘れました!

メイン料理、
魚と肉、野菜(500円増し)から
魚を選択。

初鰹のポワレ 
アーティチョークのピュレ”パリグール風”
茄子とアスパラソバージュ 
ブールノワゼット コンディマン



ソースが左右にクリーム系とだし汁系になっていて
しっかり目に焼かれたカツオととろけるように
やわらかいなすが、とてもいい感じの組み合わせでした!

デザート 
レモンタルトとバニラアイスを選択

レモンカスタードの酸味と甘みがほどよく美味!
上はメレンゲの焼いたもの。

全5品にコーヒーがついてました!
こちらで3000円(税、サービス料別)なら、いい感じ!
そうそう撮影を忘れたパンは、オリーブオイルやバターの代わりに
自家製トマトソースが添えられていました。

2013年にKITTEのオープンと同時にできたレストラン。
オープン当初に4~5回訪れて以来、4年ぶりぐらいでしたが、
おいしさは変わらず、安定した素敵さです!

20年ぶりに会った友人とは
年月は感じられず、大まかな20年を報告しあって
わかれました。
基本の性格は変わらないって、お互いに確認し合った感じ。

もちろん、人生はいろいろあっての今ですが、
学生時代に気が合って、毎週スキーに通った友達なので、
また旅行とか行きたいね、と盛り上がりました。


アルカナ東京
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー KITTE 6階
電話:03-6833-4139

2018年6月8日金曜日

青山でほっこり。体においしい家庭料理「海月」


友人に紹介されて訪れた「海月(かいげつ)」。
素敵な母娘が作るオーガニック野菜を中心とした
料理がいただけるお店です。
すっかりはまってしまって、もう数度訪れています。
営業は夜だけですが、
昼間は、プライベートレッスンの料理教室もやっていたり、
金継ぎのお教室も開催しています。
旬の野菜が創作料理で
とってもおいしくいただけますよ~!!
おすすめです。


旬の野菜の盛り合わせ
ふき、わらび、セリ、クレソン、きくいもなど。

エビときゅうり、ディルの白和え
ヒジキ、牛肉入り、豆腐コロッケ

割ると具がぎっしり¥!
季節ならではの焼きたけのこ。絶品です!
皮ごとオーブンでじっくり焼いたもの。
香り、味、食感、すべてベストです!
豚の角煮。やわらかく、ホロホロです~!!




たけのこご飯。お腹いっぱいでも、つい食べてしまいます。
奥の緑の看板「海月」。美人母娘のいい感じのお店です!

海月(かいげつ)
東京都渋谷区渋谷2-2-4アルコーブ青山 中2階
 青山学院大学西門前
電話:03-3486-5778
http://kaigetsu.net/

2018年6月1日金曜日

青山・表参道で、福井の名料理旅館の味を堪能!「望洋楼」


東京・青山、表参道のおしゃれなブランド店が並ぶ一画に
福井県のアンテナショップ「ふくい291青山」
福井県三国温泉の料理旅館「望洋楼(ぼうようろう)」のレストランがあります。



カニの季節はもとより、
福井から取り寄せられる新鮮な食材で作る
本格的な和食のフルコースが楽しめます。
コース以外に、アラカルトも充実。
福井といえば、の焼き鯖ずしやソースカツどん、越前そば、
竹田の油揚げなどもあるので、
高級居酒屋風にも使えるお店です。

そんな福井の味を楽しめるアンテナショップでの
お買い物は、日本全国お取り寄せ手帖WEBで
詳しく紹介します!(6月公開予定)
https://www.otoriyosetecho.jp/column/sakaguchiakiko/

レストランは何度か利用していますが、単品だったので、
今回はちょっと贅沢にいろいろな味を試してみようと、
名品コース‹(8,000円)を選びました。

最初は福井の地ビールで乾杯!
苦味が少なく、飲みやすいビールです!



先付け:揚げ胡麻豆腐
揚げだしにした胡麻豆腐、コクがでてねっとり、美味。
ワラビと旬のほたるいかを添えて。

お造り:本日入荷の時魚三種
ほたるいか(小鉢)、鯛、サワラ。
新鮮な味を満喫~。

炙り:名物 竹田の油揚げ
厚揚げではなく、油揚げ用の豆腐でできた、厚い!油揚げ。
これは二人分です。大根おろしとしょうが、ねぎで。
おいしいですよ~!!


ここで白ワインをグラスでいただきました。
その名も291(ふくい)。
イタリアワインです。奥様が福井県人だそうです。

温菜:蟹グラタン
カニがたっぷり!!このお店の名物です。


八寸

ソラマメ、海老、煮だこ、焼き鯖ずし、へしこ大根、からすみ、
いろいろな肴が楽しめました♪


焼き肴:旬の焼き魚(マナガツオの照り焼き)
脂ものって、おいしい焼き魚。白飯が食べたくなります。

食事:越前おろし蕎麦
こしのあるお蕎麦に花ガツオとねぎ、だし。
このシンプルさがとってもグッド!!

甘未:水ようかんといちごのジェラート添え
ほどよい甘さとやわらかさの自家製水ようかんと
さっぱりいちごのジェラートとゼリー。

すべてこまやかな丁寧な味で、
大満足。
今度はお昼に、福井名物、ソースカツどんと越前そばのセットを
ぜひ食べに行きたいです(笑)!!



東京、青山 ふくい 望洋楼
東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山 1F
電話:03-6427-2918
https://www.aoyama-bouyourou.com/

2018年5月24日木曜日

青山でおしゃれな中華ランチ「礼華 青鸞居(らいか せいらんきょ)」


青山で個室でミーティングランチがあり、
外苑前駅から徒歩数分の
パサージュにある、「礼華(らいか)」へ。

杏子(アンズ)コースで予約、
ご飯のちまきをチャーハンに変更して、注文しました。
ミーティングだったので、
一部写真を撮り忘れましたが、
素敵な空間でいただく、上品中華、おいしかったです!
テーブルセッティングもおしゃれ!


本日の前菜盛り合わせ
肉はジューシー、1つ1つがおいしいです。


生海苔と黄ニラのフカヒレスープ
写真なし。
オーシャントラウトの発酵唐辛子炒め
写真なし。
いわいどりもも肉の香味ソース
アツアツ!油通ししてからの炒めものは、
野菜の火通しが絶妙。さすがです。

レタスチャーハン
写真なし。
家ではできない、パラパラしたシンプルチャーハンでした。

やわらかアンニン豆腐

ド定番ながら、おいしい。とろとろアンニン豆腐。


礼華 青鸞居(らいか せいらんきょ)

東京都港区南青山2-27-18 パサージュ青山1F
電話:03-5786-9399

http://rai-ka.com/seirankyo/

2018年5月15日火曜日

女子向きご褒美イタリアン「サラ・アマービレ」


イタリアンの名店「アロマフレスカ」の姉妹店。
ワインを楽しむおしゃれイタリアン、「サラ・アマービレ」。
同じビルの11階で、入口が左右に分かれています。
インテリアは貴族の館のサロンのようで、
白いグランドピアノがあり、ソファ席があり、とゴージャスな非日常空間。
明るく白が基調なので、夜でも心地よい雰囲気です。
料理もイタリアンのおいしさは守りつつ、
フレンチのようにこまやかなので、
女子受けは抜群です。
ここも友人のお誕生会ディナーで予約したので、
華やかな雰囲気でお食事ができました。
すっきりとセレブ感あるセッティング。


季節野菜のバーニャカ
本日のカルパッチョ(サーモン、フレッシュトマトソース)
フォアグラのフラン 新玉葱のピュレとうずらの温泉卵
パン。
小さな一皿が一気にテーブルに並びます。
それでゆっくりワインを楽しんでほしいという趣向。



フルーツトマトとブッラータチーズの冷たいカッペリーニ
巻いたカッペリーニの上にトマトとジェラート。
その下にブッラータチーズ(生クリーム漬けモッツアレラ)

つぶ貝とうるいのカルトッチョ仕立て トリュフバター風味
カルトッチョは紙包み焼きのこと。透明なパラフィン紙のような紙を
開けると、

つぶ貝とうるいのスープ蒸しが。
アツアツです。

稚鮎の黄金揚げ 赤ワインソース
稚鮎の苦味がうれしい揚げもの。
後ろはさきほどのバーニャカウダ。
そう、こちらも続々とテーブルに並ぶのです。
どれからいただくか、迷う~。

春の苦味の車海老フライ
フキノトウのムース添えのエビフライ!

本日のお楽しみ小皿
鴨ロース。ソラマメと泡のソース添えで。ここまで小皿。

きのこのソフリットとトリュフのスパゲッティ
パスタ。絶品!

本日の魚料理または肉料理
こちらは肉を選択
豚肉のロースト
絶妙な火通り加減、キャラメリゼしたちょっと甘いそば粉の実のソースと
キャベツのロースト添え。

デザートとカフェ
デザートは5種から選択。私はお腹いっぱいで、
メロンのスープとアイスクリームに。
すっきりおいしくいただきました。
隣の友人はクレームブリュレ風パンナコッタ。

小菓子
アーモンドのホロホロ焼き菓子、生チョコレート、
メレンゲの焼き菓子。
奥はもう1人の友人が注文したデザートでフルーツのジェラート。



サラ・アマービレ

東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス 12F

電話:03-3535-6669
http://aromafresca-afsa.com/

2018年5月7日月曜日

銀座「HIGASHIYA(ひがしや)」の一汁三菜でランチ


こだわりのお茶と、伝統と新しい創作和菓子に定評のある
「HIGASHIYA GINZA」
以前にもランチをご紹介しましたが、
久々に訪れると、料理は「一汁三菜」と「茶食会(さじきえ)」
2種類になっていました。

その「一汁三菜」
ランチのみの扱いで、

節気茶 / お茶一種 / 副菜 / 主菜 / 御飯 / 節気汁/
香の物 / 季節の和菓子の構成です。

お食事は軽めですが、
ていねいに作られた和食で
しめのごはんと汁、香の物まで
選び抜かれた味と落ち着いた雰囲気が
独特の心地よさを感じます。

最初に選ぶお茶の種類は、
定番から季節のお茶まで、いろいろあって、
すぐには決断がつかないほど、豊富です。

お茶はいろいろある中から選びます。迷いすぎて何を注文したか
覚えていません(笑)食事とともに楽しみます。


最初に季節の副菜、三菜がでてきます。

主菜は、和風ロールキャベツ。

玄米と節気汁は、豚汁でした。寒い日だったので、ほっこり!

香の物(漬物)もたっぷり。これ2人分の盛り合わせ。
最後にお菓子を選びます。この日は、わらびもち、大福、おまんじゅう、きみしぐれ。
私はきみしぐれ。しっとりほろほろのおいしさでした。


食事中から選んだお茶を楽しみ、
最後には数種類の中からお気に入りの和菓子を選びます。
ゆっくりとランチの時間を楽しみながら
語り合うにはぴったりのお店。
帰りにおみやげの和菓子を買ったりできるのも
ここのお店ならではです。

HIGASHIYA GINZA
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル2F
電話 03-3538-3240